ニュースや各国政治状況の変化で相場は影響される

為替というものはあらゆるものにとても影響されるものであります。特に政府が発表する統計などはその日の相場を決定するのにとても大きな力を持っています。こうしたことは株式や先物などの他の取引にも言えることですが、あらゆるものが関連しあってひとつの市場というものを構成しているようであります。

 

為替というものは世界の政治や経済というものによってとても変わっていくものでありますし、国というものがその核にはると思います。最近はとても盛んにFXが注目されて、多くの個人投資家がいることからも為替というものはとても大きなリターンが見込めるようです。もちろんリスクもあるのでよく勉強して理解するということはとても大切なことであります。

 

こうしたことは世界経済の混乱というものが相場にとても大きな影響というものを持っていてそのことがこうしたFXにとても大きな利益というものが見込めるということに繋がっているようであります。

 

為替相場その国の未来も占えるほどにとても大切なものであります。こうしたことからもあらゆる市場関係者は日々刻々と移り変わっていく為替の相場にとても注目していますし、世界にとても強い影響力がるのではないかと思います。

外国為替市場について

各国の外国為替市場のうち、ニューヨーク、ロンドン、東京は世界の3大市場と呼ばれています。その他の市場としては、トロント、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ウェリントン、シドニー、香港、シンガポール、バーレーン、フランクフルト、パリなどが挙げられます。また、勘違いされることがありますが、基本的に外国為替の取引を行う取引所があるわけではありません。

 

外国為替の取引は、通信機器を通して取引が行われており、銀行間では現在、殆どの取引はキーボードを叩いて行われており、取引所取引と区別する意味でスクリーン・マーケット(テレフォン・マーケット)と呼ばれています。

 

東京外国為替市場は、インターバンク(銀行間)に加えて商社、生命保険会社、損害保険会社、メーカー、その他の事業会社などを加えて構成されています。外国為替市場は、対顧客市場と銀行間(インターバンク)市場の2つに大別できます。対顧客のレートはどのように決まるのかというと、銀行間市場レートを基準としてそれぞれの銀行で独自に決定します。

 

そして、インターバンク直物相場を基準に決定され、基本的に一日動くことはありません。大まかにいうと、対顧客市場を小売市場、銀行間市場を卸売市場と理解すればいいでしょう。 

 

為替レート変動の背景に、需給あり

為替レートは、どうして変動をするのだろう。

 

そこには通貨の動きというものが有る。誰かが米ドルを欲しいと思えば、米ドルを買う。すると為替市場に出回っている米ドルの枚数が少なくなる。枚数が少なくなるという事は、当然米ドルの価値が高くなる。価値が高くなれば、米ドルの値段が上がる訳である。

 

ちなみに、この「買い」という動きをするには、やはり理由というものが有る。買うという事は、米ドルに価値が有るから買うということである。価値が無いなら、通常は買わないものだ。

 

米ドルをどのような方法に使用するかは人に寄る。FX初心者であればたいていの人は買いから入るだろう。なにも為替レートが上昇基調だから買うというだけではなく、旅行で米ドルが必要だから買うかもしれない。

 

それ以外に、日本に居ながらアメリカ製のものが必要だから米ドルを調達する必要が有るのかもしれない。洋書などを購買するためには、どうしても米ドルを調達する必要がある事はお分かりだと思う。このように、外貨には需要と供給というものが有る。これを「需給」と表現する事も有る。

 

経済のニュースなどを理解するためには、この需給の話は理解をしておく必要があると思う。ニーズが有るから、米ドルは買われる。ニーズが無ければ米ドルは売られるかもしれない。このような理屈を抑えておく事は、FXなどで大儲けを狙うのならば重要な事であると思う。